Site Overlay

寂しいなあ!

昨日は免疫力が落ちていたのか、朝食の何かが胃に悪さをしたのか、珍しく胃の調子が悪くなって、重苦しく、午後は横になって休養していた。
夜TVをつけたら料理家の平野レミさんのことをやっていた。
可愛らしい純な人だ。両親の愛いっぱいに育てられ、数年前に亡くなった大好きだった夫のイラストレーターの和田誠さんに愛され、その3人をを思い出し”寂しいなあ!会いたいなあ!”って。

先週、指揮者の小澤征爾さんが亡くなった。ずっとご病気だったのでたまに車椅子でコンサートにお顔を出すシーンもあり、その時はホッとしたものだった。
また一人魅力的な人がこの世を去った。寂しいなあ!連日、新聞(朝日新聞)は追悼のための記事や寄稿文が掲載され、彼の音楽家としての凄さ以外にも、感情豊で優しくお茶目で泣き虫だったり…チャーミングなお人柄を惜しんでいた。

私もほんの少しだけ思い出がある。小澤さんの見るからに気さくそうで面白そうな雰囲気は親近感が持てた。小澤さんがボストンフィルの常任指揮者をしていた時、私も学生でボストンに住んでいたのでホールでタクトを振っている以外にも何度かお見かけした。ボストンシンフォニーホールの安い席に聴きに行くと小沢さんは端の方で、熱心に聴いていらした。他の指揮者の音楽を楽しむというより勉強をしているんだなと。一緒に行った友人はSeijiは全部のスコアを暗記していしていると言っていました。どこにいても毎朝5時に起きて譜面の勉強をしているとのこと。私が行けた程度のカジュアルなレストランでも何度かお見かけした。友人が同じ日本人だから挨拶してくれば?と勧めたけど、そんな!恥ずかしくて。そう、ウィーンに行った時、ちょうど小澤さんがウイーン国立歌劇場の音楽監督だったとき、ラッキーなことにチケットが取れ、あの風貌でチャームに溢れたSeiji Ozawaの指揮で音楽を聴くことができた。

小澤征爾さん、ご冥福を心よりお祈りいたします。